不倫・離婚CATEGORY
不倫・離婚
投稿日: 弁護士 林 洋輔

不倫の慰謝料減額に強い弁護士の選び方と弁護士費用の相場

「不倫相手の配偶者から高額な慰謝料を請求されて困っているけれど、弁護士に相談すれば慰謝料を減額してもらうことはできるのだろうか」
「不倫の慰謝料減額に強い弁護士を探したいけれど、どうやって探せばいいのだろうか」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、慰謝料減額に強い弁護士に依頼すべき理由と選び方、弁護士に依頼するメリット、弁護士に依頼しない場合のリスク、慰謝料減額を依頼した際にかかる弁護士費用の相場などについて解説します。

不倫の慰謝料減額に強い弁護士に依頼すべき理由

不倫相手の配偶者に不倫が知られて慰謝料請求をされた際、慌てて弁護士への依頼を検討する方もいらっしゃるかもしれませんが、弁護士なら誰に依頼しても大丈夫というわけではありません。その理由について説明します。

1.弁護士には専門分野がある

弁護士は、非常に幅広い法律の分野の専門家です。しかし、弁護士には、それぞれ得意分野があります。得意分野の事件については知識も経験も豊富に備えていますが、それ以外の分野については、知識や経験が乏しい場合がほとんどです。
例えば、遺産相続を専門としている弁護士の場合、遺産相続に関する知識と経験は豊富ですが、不倫問題を取り扱った経験が少なく、不倫問題に関する実務的な知識が不足している可能性があります。

2.不倫問題の経験が乏しい弁護士に依頼するリスク

不倫問題の経験が乏しい弁護士は、実務的な知識が不足しているだけではなく、交渉のポイントについて把握できていない可能性があります。そのため、弁護士に相談する時間や費用を要したにもかかわらず、相手の要求通りに高額な慰謝料を支払わなければならないという結果に終わる可能性が否定できません。不倫問題に精通した弁護士なら、相手との交渉を的確に進めて、期待していた以上に慰謝料を減額してもらえる可能性もあります。
このように、不倫問題に精通した弁護士を選ぶことができるか否かで、得られる結果に大きな差が生じる可能性があるので、慎重に弁護士を選ぶことが大切です。

不倫の慰謝料減額に強い弁護士の選び方

不倫の慰謝料減額に強い弁護士は、どのように探せばよいのでしょうか。弁護士を選ぶ際のポイントについて説明します。

1.不倫問題に精通した弁護士を探す方法

不倫問題に精通している弁護士を探すためには、法律事務所の公式サイト等に掲載されている記事や解決実績を確認するとよいでしょう。不倫問題に関する解説記事を多く掲載している法律事務所には、不倫問題を解決した経験を豊富に持つ弁護士が所属している可能性が高いです。解説記事を確認する際は、不倫された側だけではなく、不倫した側の方に向けた記事を掲載しているかという点も確認するとよいでしょう。

2.実際に話をして見極めることも大切

弁護士を選ぶ際はネットで情報収集するだけではなく、実際に話をして、信頼できる人物であるかを見極めることも大切です。相談をする際は、以下の点を確認するとよいでしょう。

  • 難解な法律の専門用語を使わずに、わかりやすい説明をしてくれるか
  • 不倫をした側の状況や立場などにも配慮しながら話を聞いてくれるか

初回の相談時には、疑問に感じる点などは遠慮なく質問して、信頼して任せられるかどうかを自分でしっかり見極めましょう。回答が不明瞭な場合や、威圧感を感じて質問しづらい場合などは、他の弁護士を探すことをおすすめします。

弁護士に依頼するメリット

不倫相手の配偶者から慰謝料請求された際に、弁護士の力を借りずに自分で解決しようとされる方も多いですが、当事者同士の交渉は難航する可能性が高いため注意が必要です。弁護士に依頼する場合のメリットについて説明します。

1.慰謝料の減額や慰謝料の支払いが不要になる可能性が高まる

不倫の慰謝料金額について、明確に定めた法律はありません。そのため、裁判で争う場合には、過去の類似事件の裁判例を参考に算出されることになります。事例によって目安となる金額は異なりますが、比較的少額な場合は数十万円程度、高額な場合でも300万円から500万円程度です。
相手から請求される慰謝料は、相場よりも高額であることが多く、裁判に発展した場合に相手からの請求金額が全額認められることは少ないです。
弁護士に依頼すれば、裁判を提起される前に、相手と慰謝料の減額交渉をしてもらうことが可能です。法律的観点や過去の裁判事例を用いて、論理的に交渉を進めることで、大幅な減額に成功することも少なくありません。場合によっては慰謝料の支払いが必要なくなる可能性もあります。
相場よりも高額な慰謝料を請求されている場合以外で、減額できる可能性が高いのは以下のような場合です。

  • 相手が離婚していない場合
  • 不倫よりも前から夫婦関係が破綻している場合
  • 不倫の期間が短い・回数が少ない場合
  • 慰謝料を支払える資産がない場合

慰謝料の支払いが必要なくなる可能性が高い場合としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • 肉体関係がなかった場合
  • 相手が既婚者だと知らなかった場合
  • 既に相手に慰謝料を支払っている場合
  • 時効が成立している場合

自分の陥っているケースがいずれかの場合に当てはまるとしても、当事者同士での交渉では、減額等を成し得ることは難しいものです。不当な金額の支払いをしないためにも、弁護士に相談することをおすすめします。

2.相手と交渉するストレスから解放される

不倫相手の配偶者と直接交渉した場合、相手方が感情的になることも多く、精神的に相当な負担がかかります。まともに話を聞いてもらえずに、話し合いが進まないことも珍しくはありません。弁護士に依頼することにより、不倫相手の配偶者と直接やり取りをする必要がなくなるため、余計なストレスを受けることもなく、交渉がスムーズに進む可能性も高くなります
また、不倫相手の配偶者から「会社にバラしてやる」などと脅される、引っ越しや退職などの無理な要求をされる等のトラブルが発生した場合も、法的な観点から適切に対処してもらえるため安心です。

3.家族や周囲に知られずに解決できる

弁護士に依頼しない場合、不倫相手の配偶者からの郵送物などが自宅に届くこともあり、家族に知られてしまう可能性があります。既婚者の場合、自分の配偶者に不倫の事実を知られて、離婚を迫られるかもしれません。
弁護士に依頼すれば、相手方からの連絡は全て弁護士の元に届くため、家族に知られるリスクを抑えることが可能です。

4.将来起こる可能性のあるトラブルを未然に防止できる

弁護士に依頼すると、示談書や公正証書など、法的効力のある文書の作成により、問題を終結させることができます。通常、慰謝料についての取り決めの他、守秘義務、プライバシーの保護、示談書の記載内容以外に双方の間に負うべき義務などは一切ない旨などを盛り込みます。これらにより、将来トラブルに発展する要因を排除することが可能となります。

弁護士に依頼しない場合のリスク

弁護士に依頼しない場合に、どのようなリスクが起きる可能性があるのか、具体的に説明します。

1.トラブルが長期化する可能性

不倫問題は、当事者同士で話し合うと、感情のもつれにより、こじれることが多いです。話し合いが進まないどころか、相手に裁判を提起される可能性もあります。通常、裁判に発展した場合、判決が出るまでに1年程度はかかるため、長期化は避けられません。
また、訴訟の手続では、書面や証拠の提出、尋問などに膨大な時間を取られることになります。

2.余計な被害に遭う可能性

配偶者の不倫相手に対して復讐したい、社会的な制裁を与えたいなどと考える方は多いようです。そのため、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されるだけではなく、職場や実家に不倫現場を撮影した写真を送りつけるなどという被害を受ける場合も珍しくはありません。
弁護士が、示談書に守秘義務やプライバシーの保護などを記載して、説明することにより、このような事態を事前に防ぐことが可能ですが、自分でこのような対策を十分に行うことは難しいのではないでしょうか。

3.高額な慰謝料を支払わされる可能性

前述した通り、不倫の慰謝料請求では、相場より高額な金額を請求されるケースが多いです。弁護士に依頼すれば、減額が実現する可能性が高いですが、自分で交渉して、慰謝料を減額してもらうことは極めて困難です。
減額交渉を試みたけれど、相手方から罵詈雑言を浴びせられて精神的なダメージを受け、相手方の言い値で支払ってしまったなどというケースも少なくありません。

慰謝料減額を依頼した際にかかる弁護士費用の相場

弁護士に全てを任せたいけれど、費用がどのくらいかかるのか心配という方もいらっしゃるかと思います。慰謝料減額を依頼した際にかかる弁護士費用の相場について説明します。

1.弁護士費用の内訳

弁護士費用には、以下のような項目があります。

  • 相談料:弁護士に委任せず、法律相談のみ行った場合にかかる費用
  • 着手金:弁護士に依頼した際に最初に支払う費用
  • 報酬金:事件終了時に、得られた利益に対して支払う成功報酬
  • 実費:実際に交渉や訴訟にかかる通信費や交通費などの費用

2.弁護士費用の相場

弁護士に事件を委任した場合にかかる着手金や報酬金は、各事務所の報酬規程に従って算出されます。相手方との交渉で解決した場合、訴訟に発展した場合の相場は以下のとおりです。

  • 相手方との交渉で解決した場合

着手金:15~20万円
報酬金:減額成功した分の20~25%または15~20%+5万程度

  • 訴訟になった場合

着手金:20~30万円
報酬:減額成功した分の20~25%又は15~20%+5万程度

なお、相手方との交渉が決裂して訴訟に発展した場合は、交渉時に支払った着手金とは別に、訴訟事件の着手金も必要になります。実際にかかる費用は、法律事務所や事件ごとに異なりますので、初回の相談時に見積もりを依頼しましょう。

まとめ

今回は、慰謝料減額に強い弁護士に依頼すべき理由と選び方、弁護士に依頼するメリット、弁護士に依頼しない場合のリスク、慰謝料減額を依頼した際にかかる弁護士費用の相場などについて解説しました。

不倫によるトラブルは、当事者同士での解決は非常に難しく、感情のもつれから、さらなるトラブルが生じることは少なくありません。不倫問題で慰謝料を請求された場合、相場より高額な慰謝料を請求されることが多いため、弁護士に依頼することにより経済的負担を大幅に抑えられる可能性があります。交渉により解決を図ることができれば、弁護士費用も抑えられるので、できる限り早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

私達、東京スタートアップ法律事務所は、不倫問題で慰謝料を請求されてお困りの方々が不当な不利益を被らないよう全力でサポートしたいと考えております。慰謝料減額に成功した実績を豊富に持つ弁護士が、法律の専門知識と交渉術を駆使して相手との交渉にあたります。秘密厳守はもちろんのこと、分割払い等にも対応しておりますので、安心してご相談いただければと思います。

弁護士林 洋輔 第二東京弁護士会
弁護士になる以前はジャズの演奏家として活動していたが、より多くの方々の人生やビジネスに直接関わる仕事をしたいと感じるようになり、心機一転して弁護士を目指す。弁護士登録後は都内の法律事務所でベンチャー・スタートアップ支援を中心とする企業法務全般をメインとしつつ、家事事件や一般民事等についても多様な案件を扱う。これまでの経験を通じて「本当に求めていることは何なのか」を明確にしていくことに注力している。