不倫・離婚CATEGORY
不倫・離婚
投稿日: 弁護士 林 洋輔

不倫の慰謝料請求に強い弁護士を見分けるポイントとは

不倫・離婚の弁護士相談

親しみやすい対応で、じっくりとお話をお聞きします。

  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • すでに離婚を決意している方
  • 不利な条件での離婚を回避したい方
  • 不倫の慰謝料問題を抱えている方

など

あなたの味方となり、全力でサポートいたします。

東京スタートアップ法律事務所までまずはお電話、メールでお問合せ下さい。

「慰謝料請求に強い弁護士に依頼して、不倫相手にしっかり慰謝料を支払わせたい」
「不倫相手に少しでも高額の慰謝料を支払わせてくれる弁護士を見つけたい」
配偶者が不倫していたことを知り、このように考えて、弁護士をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
不倫による慰謝料請求に関する問題は、不倫・離婚事件を専門に扱い、慰謝料請求交渉に強い弁護士に依頼することが大切です。

今回は、慰謝料請求に強い弁護士の特徴と見分け方、慰謝料請求に強い弁護士を選ばなかった場合のリスク、慰謝料を獲得するために確認しておくべきこと、慰謝料請求に強い弁護士に依頼することで得られるメリット、慰謝料請求を弁護士に依頼した場合の費用相場などについて解説します。

慰謝料請求に強い弁護士の特徴と見分け方

配偶者の不倫が発覚して、相手に慰謝料請求することを考えた際、弁護士なら誰に相談しても良いわけではありません。弁護士のスキルや経験により、得られる結果に大きな差が生じる可能性があるからです。慰謝料請求に強い弁護士の特徴と見分け方について説明します。

1.不倫問題の解決実績が豊富か見分ける方法

法律の分野は多岐に渡り、弁護士にはそれぞれ得意とする分野があります。得意分野の事件については、過去に扱った件数も多く、知識・経験ともに豊富に備えているものです。
不倫問題の解決経験が豊富であるか否かを見分ける一つの方法として、法律事務所の公式サイト等に記載してある解決実績や解説記事を確認するという方法があります。不倫問題に関するコラム記事などを多く掲載している場合や、具体的な解決事例を紹介している場合、不倫問題に精通していると判断できます。

2.相談時に慰謝料の見込み金額を提示してくれる

不倫による慰謝料の請求金額は、過去の裁判例を基準に算定されることが通常です。そのため、不倫問題に精通している弁護士は、初回の相談時に、獲得できる慰謝料の見込み金額について、ある程度の予測を立てることができます。
相談時には、得られる慰謝料の金額の目安について質問するとよいでしょう。不倫の慰謝料請求などの経験が豊富な弁護士であれば、獲得できる見込みの金額とその理由を教えてくれるはずです。

3.質問にわかりやすい言葉で答えてくれる

信頼できる有能な弁護士を見分けるためには、相談する際に以下の点を確認することも大切です。

  • 難しい専門用語を極力使わずに説明をしてくれるか
  • 相談者の心情や立場に配慮しながら提案をしてくれるか
  • 質問に対して、わかりやすく丁寧に説明してくれるか

上記の要件を満たす弁護士は、優れたコミュニケーション能力と交渉力を発揮し、相手との交渉を有利に進めてくれる可能性が高いです。
初回の相談時には、疑問点や不明点が明確になるまで質問をして、本当に信頼できる弁護士かどうかをしっかり見極めましょう。

慰謝料請求に強い弁護士を選ばなかった場合のリスク

弁護士やリーガルサービスにあまりなじみがないと、「弁護士であれば、誰に依頼しても同じだろう」と考えて、適当に弁護士を選ぶ方もいらっしゃるかもしれません。しかし、依頼する分野を得意としていない弁護士に依頼すると、本来得られるはずの利益が得られないなどのリスクがあるため注意が必要です。どのようなリスクがあるのか具体的に説明します。

1.得られる慰謝料金額が少なくなる

依頼する分野を得意としていない弁護士に依頼すると、最終的に相手方から得られる慰謝料の金額が少なくなる可能性があります。例えば、遺産相続を専門としている弁護士や、債務整理を専門としている弁護士の中には、不倫の慰謝料請求に関するノウハウや経験をほとんど持っていないという方も珍しくはありません。そのような弁護士に依頼すると、不倫問題に精通している弁護士に依頼していれば獲得できたはずの慰謝料を得られない可能性もあるのです。

2.解決までに時間がかかる

不倫問題に関する経験が不足している弁護士に依頼すると、実務的な知識や経験の不足から、相手方との交渉に時間がかかることも少なくないでしょう。
交渉に時間がかかるだけでなく、交渉を成立させることができず、相手方から裁判を起こされるリスクもあります。裁判に発展した場合、判決が出るまでに通常は一年程度の期間を要する場合も珍しくありません。不倫問題に精通している弁護士に依頼した場合と比べて、短期間で解決に至った可能性のある問題が長期化し、その分、精神的な負担が増えるかもしれません。

3.弁護士費用がかさむ可能性

交渉が成立することなく、裁判に発展した場合、追加で弁護士費用がかかります。弁護士が裁判所へ出廷する度に日当がかかる場合もあります。
つまり、不倫問題に精通している弁護士に依頼すれば支払わなくて済んだ弁護士費用を支払わなければならない可能性もあるのです。

弁護士に相談する前に確認すべき事項

配偶者の不倫相手に慰謝料を請求するためには、時効が成立していないこと、請求の根拠となる有効な証拠があることが必要です。可能であれば、弁護士に相談する前に確認しておくとよいでしょう。弁護士に相談する前に確認すべき事項について説明します。

1.時効は成立していないか

時効が成立している場合、慰謝料を請求することはできません。
不貞行為(不倫)という不法行為による損害賠償請求権の消滅時効については、民法第724条第1項で、以下のように定められています。
“不法行為による損害賠償の請求権は、次に掲げる場合には、時効によって消滅する。一 被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使していないとき”
つまり、不倫の事実を知ってから3年以上経過している場合、時効が成立しているため、慰謝料は請求できないのです。

2.慰謝料請求に有効な証拠はあるか

配偶者の不倫相手に慰謝料を請求するためには、不貞行為があったことを証明する有効な証拠が必要です。証拠がなければ、相手に不倫の事実を認めさせることはできないため、慰謝料を得られない、あるいは相場よりも低い金額の慰謝料しか得られないことがあります。
なお、有効な証拠の具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 肉体関係があったことがわかる文面のメールやSNS
  • 配偶者や不倫相手が不倫の事実を認めた会話の録音データ
  • 配偶者と不倫相手がホテルから出るところを撮影した写真や動画
  • 二人でホテルなどを利用したことがわかる領収書やクレジットカードの明細

これらが手元にある場合は、弁護士に相談する際に持参するとよいでしょう。

①有効な証拠がない場合

上記のような有効な証拠がない場合も、あきらめないでください。
弁護士に相談すれば、有効な証拠となる資料を手に入れられることがあります。弁護士は職務上、弁護活動を円滑に行うために、さまざまな公的機関や民間団体に情報を照会する権限を与えられています。例えば、SNS上のやり取りの開示請求や、クレジットカード会社への取引明細の請求など、さまざまな機関から証拠となる資料を入手することが可能です。

②証拠を集める際に注意すべきこと

証拠を集める際には、決して配偶者に不倫の証拠を集めていることを知られないようにすることが大切です。不倫の証拠を集めていることを知られると、証拠を隠蔽される可能性があるからです。
前述した通り、有効な証拠がないと慰謝料の請求は難しくなります。そのため、配偶者の不倫に気づいたら、配偶者に察知されないよう慎重に証拠を集めて、できる限り早い段階で弁護士に相談することが大切です。

不倫の慰謝料請求に強い弁護士に依頼するメリット

有効な証拠があれば、自分で相手方に慰謝料を支払わせることができるのではないかと考える方もいるかもしれませんが、当事者同士の交渉は想像以上に難航するケースが多いです。
相手が事実を認めない、連絡しても無視するなど、思うように進まず、慰謝料を支払ってもらえないばかりか、精神的にも相当な負担がかかります。そのような事態を避けるためにも、早めに不倫の慰謝料請求の経験を豊富に持つ弁護士に相談することをおすすめします。弁護士に相談した場合のメリットについて、具体的に説明します。

1.慰謝料を支払わせることができる可能性が高い

当事者同士の交渉によって不倫相手に慰謝料を支払わせることは、難しいものです。
しかし、慰謝料請求の経験を豊富に持つ弁護士に依頼すれば、難航していた交渉がスムーズに進み、慰謝料を支払わせることに成功する可能性が高くなります。こちらからの連絡を無視し続けていた相手方が即座に連絡に応じるようになる、不倫の事実を頑なに否認していた相手方が弁護士の論理的な主張によって認めざるを得なくなるなどのケースも珍しくはありません。その結果、慰謝料を支払わせることができるのです。
また、交渉能力に長けた弁護士に依頼すれば、相場よりも高い慰謝料を支払ってもらえる可能性もあります。

2.まとまらない交渉が速やかに進む

不倫問題の慰謝料請求の交渉は、当事者同士で行うと感情的になりがちで難航することが多いものです。
しかし、法律の専門家である弁護士に依頼すれば、驚くほど迅速に話が進むことがあります。さらに、経験やノウハウを豊富に備えた慰謝料請求に強い弁護士に依頼しておけば、慰謝料の支払いはもちろん、不倫相手を配偶者に二度と近づかせない、不倫について口外させないなど、こちらが納得のいく条件を追加の上、交渉を進めてもらえるでしょう。
配偶者の不倫による心の傷が癒えるには時間がかかるものですが、少しでも早く問題から解放され、平穏な生活を取り戻せるよう、弁護士は尽力してくれるはずです。

3.直接相手と交渉しなければならないストレスから解放される

配偶者の不倫相手に対して、嫌悪感を抱かないという方はほとんどいらっしゃらないかと思います。しかし、慰謝料を支払ってもらい、決着をつけるためには、相手との交渉は避けて通れません。自分で交渉する場合、相当なストレスを感じながらも、顔も見たくない相手と向き合わざるをえないでしょう。
しかし、弁護士に依頼すれば、その後の相手とのやり取りは全て弁護士に任せることができます。相手方からの連絡も弁護士の元に届きますので、直接接触する必要はありません。慰謝料請求に関する手続を全て弁護士に任せて、慰謝料が支払われるのを待つだけでよいのです。

慰謝料請求を弁護士に依頼した場合の費用相場

弁護士に事件を依頼した場合にかかる費用は、各事務所の報酬規程に従って算出されます。実際にかかる費用の見積もりについては、相談に訪れた際に尋ねておくと安心です。
不倫による慰謝料請求を弁護士に依頼した場合の費用の相場について説明します。

1.弁護士費用の内訳

弁護士費用には、以下のような項目があります。

  • 相談料:弁護士に委任せず、法律相談のみをした場合にかかる費用
  • 着手金:弁護士に依頼した際に最初に支払う費用。最終的に望み通りの結果が得られなくても、返金されることはありません
  • 報酬金:事件終了時に、得られた利益に対して支払う成功報酬
  • 実費:実際に交渉や訴訟にかかった通信費や交通費等の費用

2.弁護士費用の相場

弁護士に事件を委任した場合にかかる着手金や報酬金は、各事務所の報酬規程に従って算出されるもので、金額は事務所によって異なります。
ここでは、それぞれの場合の相場をご紹介します。

  • 相手方との交渉で解決した場合

着手金:15~20万円
報酬金:減額に成功した分の20~25%又は15~20%+5万円程度

  • 訴訟になった場合

着手金:20~30万円
報酬金:減額に成功した分の20~25%又は15~20%+5万円程度

なお、相手方との交渉が決裂して訴訟を提起した場合は、交渉時に支払った着手金とは別に、訴訟事件の着手金も追加で必要になります。

まとめ

今回は、慰謝料請求に強い弁護士の特徴と見分け方、慰謝料請求に強い弁護士を選ばなかった場合のリスク、慰謝料を獲得するために確認しておくべきこと、慰謝料請求に強い弁護士に依頼することで得られるメリット、慰謝料請求を弁護士に依頼した場合の費用相場などについて解説しました。

不倫による慰謝料請求は、弁護士のスキルや経験値によって結果に大きく差が生じる可能性があるので、納得できる慰謝料を得るためにも、不倫問題に精通した弁護士に依頼することが大切です。

私達、東京スタートアップ法律事務所は、配偶者の不倫による精神的な苦痛に悩まされている方々を全力でサポートしております。慰謝料の交渉実績を豊富に持つ弁護士が、早期解決に向けて、法律の専門知識と交渉術を駆使して相手との交渉にあたります。秘密厳守はもちろんのこと、分割払い等にも対応しておりますので、安心してご相談いただければと思います。

弁護士林 洋輔 第二東京弁護士会
弁護士になる以前はジャズの演奏家として活動していたが、より多くの方々の人生やビジネスに直接関わる仕事をしたいと感じるようになり、心機一転して弁護士を目指す。弁護士登録後は都内の法律事務所でベンチャー・スタートアップ支援を中心とする企業法務全般をメインとしつつ、家事事件や一般民事等についても多様な案件を扱う。これまでの経験を通じて「本当に求めていることは何なのか」を明確にしていくことに注力している。