不倫・離婚CATEGORY
不倫・離婚
投稿日: 更新日: 代表弁護士 中川 浩秀

【テンプレート有】回答書の書き方・文例|不倫慰謝料請求で交渉するなら

不倫相手から慰謝料の請求文書が突然届いたら、誰しも驚くものです。

しかし、そのまま無視をしておくと、裁判を起こされるなど事態が悪化する懸念があります。

内容証明郵便などで、慰謝料を請求された場合は、「回答書」を送付して自分の意思を表示しなければなりません。

そこで今回は、不倫の慰謝料を請求された場合の回答書の書き方や文例を解説します。

慰謝料請求に対する回答書とは

回答書とは、相手の要求に対する自分の意思を表明する文書です。

内容証明郵便や通常の郵便などの文書で慰謝料を請求された場合は、回答書として文書にて回答を送ることが一般的です。

慰謝料の支払いに応じるのか、応じないのか、また慰謝料の減額を求めるのか、など今後の方針を決定した上で、その旨を通知します。

相手が内容証明郵便で慰謝料の請求書類を送付してきた場合は、「必ず慰謝料を請求する」という意思表示ともとれますので、無視をせずに何らかの反応を示しましょう

回答書を書く際に気を付けるべきこと

回答書を書く前、書く際は以下の点に注意してください。

請求事実と慰謝料の相場を確認する

まずは、送付された請求書類に記載されている慰謝料の請求事実と、慰謝料の金額を確認しましょう。

不貞行為が事実でなければ慰謝料の請求に応じる必要はありません

不貞行為の証拠を、相手が確保していない場合も支払う必要はありません。

また、相場を超える慰謝料を請求されている場合は、減額を申し入れることができる余地があります。

不貞行為の慰謝料の相場は、夫婦が離婚しない場合は50万円から200万円、離婚する場合は200万円から300万円です。

謝罪の意思を表示する

不貞行為が事実であり慰謝料の請求に応じる場合は、請求者に対して謝罪の意を表明しましょう。

慰謝料の減額や分割支払いを申し入れる場合は、しっかりと謝罪しておくことで、申し入れが受け入れられやすくなります。

感情的な言葉を書かない

不貞行為を咎められ、慰謝料を請求されることは、決して気持ちがよいものではありません。

しかし、不貞行為の被害者である請求者はさらに不快な思いをしていることが想定できますので、あなたの気持ちをそのままぶつけることは得策ではありません。

相手の気持ちを逆なでして、突然裁判を起こされるリスクもあります。

不貞行為が事実であれば、冷静に謝罪を述べ、丁寧な対応を心がけましょう

不倫・浮気の慰謝料請求に対する回答書テンプレート

では、これまで説明した内容を踏まえて、不貞行為の慰謝料請求に対する回答書のテンプレート確認しておきましょう。

状況別に作成してありますので、ご自身の状況に合ったものを参考にしてください。

ただし、あくまでもテンプレートであり、個別の状況にマッチするとは限りませんので、適宜修正を加えながら使用しましょう。

慰謝料の減額交渉をしたい場合

請求された慰謝料の減額を申し入れたい場合の回答書です。

回答書
(請求者の氏名)様
令和●年●月●日
(被請求者の住所)
(被請求者の氏名)
私が●●様の配偶者様と●●年●●月まで交際していたことについて、●●様に多大な精神的苦痛を与えてしまったことを、心よりお詫び申し上げます。
この度の慰謝料の請求に対して、以下のように回答いたします。
私が●●様の配偶者様と●●年●●月まで交際していたことについて、●●様に多大な精神的苦痛を与えてしまったことを、心よりお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。
深く反省している次第でございます。
ご請求いただいた慰謝料の支払いにも誠意をもって応じたい所存でございます。
しかし、現在経済的な余裕がないため、○○万円のお支払いをもってお許しいただきたいと考えております。
もしこちらの条件にご了承いただけるようでしたら、添付の示談書に署名捺印いただいてご返送いただけますようお願いいたします。
署名捺印をいただき当方に到着後○日以内に、○○万円をご指定口座にお支払いいたします。
何卒ご対応のほどよろしくお願いいたします。

慰謝料の支払い期限を延期してほしい場合

こちらは、慰謝料の支払期限を延期してほしい場合の回答書のテンプレートです。

回答書
(請求者の氏名)様
令和●年●月●日
(被請求者の住所)
(被請求者の氏名)
この度の慰謝料の請求に対して、以下のように回答いたします。
私が●●様の配偶者様と●●年●●月まで交際していたことについて、●●様に多大な精神的苦痛を与えてしまったことを、心よりお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。
深く反省している次第でございます。
ご請求いただいた慰謝料の支払いにも誠意をもって応じたい所存でございます。
しかし、現在経済的な余裕がないため、○○年○○月○○日まで、支払い期限を延期していただけないでしょうか。
もしこちらの条件にご了承いただけるようでしたら、添付の示談書に署名捺印いただいてご返送いただけますようお願いいたします。
何卒ご対応のほどよろしくお願いいたします。
この度は本当に申し訳ございませんでした。

示談交渉の場を設けてほしい場合

こちらは、示談交渉の場を設けてほしい場合のテンプレートです。

複数の話し合いたい内容がある場合はこちらをご使用ください。

回答書
(請求者の氏名)様
令和●年●月●日
(被請求者の住所)
(被請求者の氏名)
この度の慰謝料の請求に対して、以下のように回答いたします。
私が●●様の配偶者様と●●年●●月まで交際していたことについて、●●様に多大な精神的苦痛を与えてしまったことを、心よりお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。
深く反省している次第でございます。
ご請求いただいた慰謝料の支払いにも誠意をもって応じたい所存でございます。
つきましては、慰謝料の金額以外にも、支払いの回数や支払期限、示談時の諸条件についての話し合いの場を設けていただけますようお願いいたします。
一度、私から●●様に直接お詫びを申し上げた上で、示談の条件を取り決めさせていただければと存じます。
●●様のご都合がよろしい日時をお知らせいただきたいと思いますので、添付の文書にご希望の日時を記載の上、ご返送いただけますようお願いいたします。
多大なるご迷惑をおかけしているにも関わらず、お願いをする形となり申し訳ありませんが何卒よろしくお願いいたします。

請求内容が事実と異なる場合

慰謝料の請求内容が、事実とは異なる場合のテンプレートがこちらです。

「既婚者と知らずに関係を持った場合」を想定しています。

回答書
(請求者の氏名)様
令和●年●月●日
(被請求者の住所)
(被請求者の氏名)
この度の慰謝料の請求に対して、以下のように回答いたします。
●●様の配偶者様と私の関係について慰謝料を請求されていますが、私は●●様の配偶者様が既婚者であることを、●●様からの請求文書をいただくまで存じ上げておりませんでした。
夫(妻)に裏切られていた●●様のお気持ちはよくわかりますが、既婚者と知らずに交際していたため、慰謝料の支払いに応じることはできません。

まとめ

本記事では、様々な回答書のテンプレートをご紹介しましたが、これらはあくまでも一例です。

これをそのまま使用して送付せずに、送付前に弁護士にご相談ください。

特に減額を求める場合や、支払いを拒否する場合などは、慎重な回答書の作成が求められます。

また、回答書とともに示談書を送付する場合は、法的に有効な示談書を作成しておく必要があります。

これから回答書を作成しようと考えている方は、これらのテンプレートを参考にするとともに、男女問題の解決実績が豊富な弁護士に相談して、適切な回答書の作成方法の助言を受けましょう。

代表弁護士中川 浩秀 東京弁護士会
2010年司法試験合格。2011年弁護士登録。弁護士法人東京スタートアップ法律事務所の代表弁護士。同事務所の理念である「Update Japan」を実現するため、日々ベンチャー・スタートアップ法務に取り組んでいる。